利用する価値

男女

魅力的な価格

移動が長距離になると、飛行機や新幹線を利用するのが一般的です。基本は数時間で到着しますが、価格は高い傾向があります。1万は余裕で超えるでしょう。学割を始めとする割引サービスを駆使すれば抑えられますが、激安価格とは言えないはずです。それに比べると、新宿の深夜バスは1万以下が当たり前です。深夜バスの大きなメリットは価格となります。より低価格を希望しているのであれば、過度なサービスは求めないようにしましょう。シートのランクも低いものを選びます。また、比較サイトなどに目を通せば、最安値がわかるのでお得に利用できます。移動で節約して他でお金を使えば、大きな満足感が得られるでしょう。

起きたら目的地に到着

新宿を始め、全国的にも深夜バスの利便性が広まりつつあります。バスに乗り、夜間は寝て過ごすのが一般的です。そして目覚めた時には目的地についているでしょう。飛行機や新幹線の場合は目的地までの移動がありますが、深夜バスにはその面倒な移動がないので楽です。ほとんどの場合はバスターミナルに到着するのですが、そのバスターミナルは都市部のど真ん中にある事も少なくありません。斜度が十分な座席ですので、目覚めても疲れは残っていないでしょう。旅行を思い切り楽しむ事が出来ます。

旅行者に嬉しいサービス

通勤や通学で利用する市民バスなどとは異なり、深夜バスは旅行者の為に作られていると言っても過言ではありません。深夜に移動するので、多くの人は眠るでしょう。どうすれば快適な睡眠が出来るかを考えて設計されているのです。座席は4列となっている事が多いのですが、中には3列もあります。3列なら隣との間隔が十分に確保されるので、他人との距離が気になって眠れないといったトラブルを避ける事が出来るでしょう。シートも特徴的ですし、中にはトイレも確保されているので安心です。また、ブランケットや歯ブラシなども提供してくれることもあるので、より快適な移動が出来るのではないでしょうか。

時間の有効活用

新宿にある深夜バスは夜に乗り込み、夜中に移動します。早ければ夜明け頃、遅くても午前中には到着するでしょう。移動と睡眠を同時に進められるので、時間を無駄にしたくない人には最適です。また、バスによっては読書灯が設けられています。なかなか寝付けなかったり、途中で目覚めてしまったりした場合は、読書をして時間を潰すのも良いのではないでしょうか。こうした配慮がある事で助かる乗客は沢山います。最初から読書をする気があるなら、希望のバスに読書灯があるかどうかを確認しておくと安心でしょう。

バス停にも停まってくれる

出発地の近くであれば、バス停にも停まってくれます。出発地に集合しなくても大丈夫なので、どこまでなら停車してくれるのか調べておくと良いでしょう。また、バス停だけでなく駅にも寄ってくれるので、駅から出発地まで遠くても安心です。全員が乗った事を確認したら、いよいよ目的地へ向けて出発です。パスによってはサービスエリアでの休憩が用意されているので、ストレスフリーな移動が期待できるでしょう。また、サービスエリアでの休憩時間は、他の乗客との会話を楽しむチャンスでもあります。新宿からのバス旅では、友達同士で参加している人もいれば、一人で参加をしているケースも多いです。思い切って話しかけてみれば、旅行がキッカケで仲良くなれるかもしれませんね。

広告募集中